スクラップブッキングの背景〜水玉

今回は、スタンプを使って超!かんたんにスクラップブッキングの台紙を作ってみます。
巷には、いろいろすてきなパターンペーパーが売っていますが・・・こんな素朴っぽいのも、特に子供のレイアウトなどには、よく合います。紙とインクの組み合せで、無限のバリエーションが出せるのもスタンプならではです。
つたない説明ですが、何かのご参考になればうれしいです。


★Instraction 03:パターンペーパーを作ってみよう

用意するもの:
●カードストック
 ここでは8インチのものを使用しました。
 ハガキサイズ写真のレイアウトが作りやすいサイズです。
●HERO ARTSのアーティスティックインプレッションシリーズ から「LL963 Dots, Dots, and Dots
 このセットは、縦横の比率が1:1.5で、今回のようなランダム押しがとってもしやすく、おススメです。手書き風の水玉がとってもナチュラルでかわいいのです。
●インク
 ここでは白のアートニックを使いました。

★写真をクリックすると、拡大写真が開きます。

とにかく簡単なので、説明することもないのですが(笑)、スタンプにインクをつけて、押します。

隅から押して行くのですが、紙全体に、ランダムな感じに隙間なく押すのに、ちょっとコツがいります。

気をつけるポイントは以下の3つくらい。
● 縦横もランダムに、
  柄もなるべく同じものが並ばないように
● 2、3ステップ先まで予測しながら
●スタンプの短い辺の半分のスペース(段差)が
 できないように

写真のように、下や右の一列を仕上げてしまうのではなく、右下から放射状に近い感じで広げて行った方が、失敗がないと思います。

もし、つじつまの合わないスペースができてしまったら、マスキングしてうめてしまえばいいので、大丈夫なのですけど。または、その上に写真など乗せますので、全然見えなかったりもします(笑)。

全体にびっしり押してもいいですし、こんな感じに余白をのこしてもいいですね。

使うインクは、バーサマークもおススメです。

こちらは作例です。
文字スタンプは「LL760 Printer's Type Alphabet」と「LL762 Printer's Type Lowercase」です。
タイトルはQuicKutzのKahkiという書体です。


バックナンバー

●テクスチャーのスタンプを使ってみよう
●きれいで便利、クリアスタンプ
●かんたんカードレシピ:01

 

<<ギャラリーインデックスへ戻る

Copyright 2005 Tiny Dots